Webサイトパックでご提供させて頂くホームページは、市場動向・技術動向をキャッチすることで市場の変化にも柔軟に対応しています。


モバイルファースト

●スマートフォン対応が基準

モバイルファースト【 mobile first 】とは、スマホ利用者が増えたことを背景に「モバイルを起点にしてWebサイトを作り上げること」です。

今までのモバイルサイトはWebサイトのサブ的なものであったが、今はモバイル(スマホ)からのアクセスがPCからのアクセスを抜いてしまう状況が発生しており、スマホサイトからデザインを考えている会社が増えています。

モバイルファーストとは、Webサイトやソフトウェアの開発・運営方針の一つで、スマートフォンなどの携帯端末向けの版をパソコン向けなどより先に、あるいは同時に公開することを意味します。

スマートフォンやタブレット端末が急速に浸透していることからモバイルファーストを表明する企業が増加しています。

レスポンシブデザイン

●スマートフォン対応は必須条件

レスポンシブデザイン【 responsive design 】は、Webデザインの手法の一つで様々な種類の機器や画面サイズに単一のファイルで対応します。

パソコン、スマートフォン、タブレット端末など複数の機器や画面サイズに対応させるには、それ専用のwebサイトへアクセスを振り分ける手法がよく用いられていましたが、レスポンシブデザインではこのような対応はせず、表示する機器の種類やサイズに応じて表示内容が最適な状態に変化するよう設定された単一のファイルを制作し、すべての機器に同じように送信します。

複数のwebサイトを用意する場合に比べ、デザインや機能の自由度は下がりますが、すべての機器に同じ内容を表示でき、更新作業の簡略化や更新漏れの防止することが出来ます。

検索エンジンやアクセス解析に内容が重複した複数の異なるURLが出現することも避けられるメリットがあります。

●Googleもレスポンシブデザインを推奨

Googleは、ウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうかをモバイル検索でのランキング指標に使用すると発表しており、ウェブサイトをモバイルフレンドリーにする方法としてレスポンシブデザインを推奨しています。

コンテンツマネジメントシステム

●運用コスト軽減の必須機能

コンテンツマネジメントシステム【CMS:Contents Management System 】とは、Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアです。

Webサイトを構築するには、見出しや文章、画像などを作成するだけでなく、HTMLやCSSなどの言語でレイアウトや装飾を記述し、ページ間にリンクを設定するなどの作業も行う必要があるのですが、これらの異なる種類の要素を分離してそれぞれデータベースやファイルに保存し、サイト構築をソフトウェアで自動的に行うようにしたものがCMSです。

CMSを導入すれば、文章や画像を作成する人はHTMLなどを習得して記述する必要はなくなり、デザイナーやコーダーは文字や画像などの要素が更新されるたびにページを更新する必要はなくなります。

また、サイト内のナビゲーション要素なども自動生成するため、ページが追加されるたびに関連するページにリンクを追加するといった作業からも解放されます。

CMSの中には、サイトのデザインをテンプレート(ひな型)としてあらかじめいくつか用意しているものもあり、これを使えば画像の作成やデザインなどを行うことなくサイトを構築することができます。

●CMSとしてWordPressを利用

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアで世界中で利用されています。

WordPressはデータベース管理システムとしてSQLを利用していおり、単なるブログではなくCMSとしても利用されています。

また、プラグイン(世界中で開発された追加機能)を自由に利用することができるため、高機能なWebサイトを効率的に構築することが出来ます。

Webサイトパック

お気軽にお問い合わせください。011-624-0216受付時間 9:30-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら

LINEの「友だち追加」してください

LINE@の運用を開始しました。

営業情報、経営情報ニュースなど、LINEでお届けします。

各種お問い合わせ、見積依頼、サポート依頼などは、トークをご利用ください。


友だち追加



LINEの「友だち追加」から「ID検索」または「QRコード」で登録してください。

@brainworks_jp